2014年3月アーカイブ

嫌われた薬剤師

| コメント(0) | トラックバック(0)
やっとの思いで薬剤師になったのに・・・
1年目に働いた職場は、精神科の病院でした。
いったいどのような患者さんがいるのだろうと、初出勤のときにはドキドキして不安だったことを覚えています。
自分に与えられた仕事をスムーズにこなせていけるのか。
もしかしたらこんなに気が弱いことをいっている私が精神科の患者になってしまのではないかと。
次に勤めた調剤薬局。
ここではそれまで病院でも実務にあたっていたおかげで調剤も自信をもってできましたし、職場の雰囲気もよくて和気藹々とした日々を送っていました。
薬剤師として一番に嬉しいなと感じる瞬間は、子供の「ありがとう」という言葉でした。小さいながらにも薬は苦いという感覚をちゃんともっていて、そして甘いお薬にしてね、なんて口にする子供。
可愛いですよね。
その後、結婚してしばらくしてから総合病院でパートの薬剤師として働いていますが、何がいけないのかここでは嫌われているようです。
薬剤師としての仕事には支障はありませんが、職場の雰囲気が怖いですね。
わざと何か仕組まれてしまったらという気持ちにさせられます。
ありえない話かもしれませんが、ミスをしないように気を張っています。
 
これもうどうにもならないでしょうね。
完全いウイグル族と、共産党の対立の構造です。
もう圧政により、民族浄化を強める漢民族。
中国共産党に我慢がならないというものでしょう。

先日あった中国昆明での無差別殺傷事件。
これはおそらくテロでしょう。
中国人に対するテロ。
もうお前らに言いなりにはならない。
祖国を取り戻せ!
ということなんでしょうか。

まぁよくわかりません。同機は。
ただ、テロはよくありません。
これだけははっきりとしています。

今日のニュースで、再び複数の人物が、刃物で市民を襲う事件が起きたそうです。
少なくとも一人が死亡。
けが人も多数出ているといいます。

警察が一人を射殺。
ひとりを拘束。
三人が逃走したんだとか。。。

周辺各国へと侵略を続ける中国ですが、
今中国が自分たちの領土だといっているところも、
侵略して手に入れた地域が沢山あるわけです。

共産党のみが肥え太り、人民はどんどんと貧困化していく。
もうその歪みを抑えることは難しくなってきているんでしょう。
反日による不満の転嫁も、
自分たちが侵略して奪い取ったウイグル、チベットなどでは
全く持って無意味であるということでしょうか。。。

カテゴリ

ウェブページ

<オススメサイト一覧>
・仲介会社によって数百万円の違いが出ることもざらにあります。土地の売却は慎重に。仲介業者の選定から、土地売却についてしっかりと学びましょう。
人気のグルコサミンは?

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。